コラム

【21卒から就活ルール廃止】焦らず進めるために、気軽に就活を始める方法はこれ!

就活は嫌でも周りと比べて焦ってしまうものです。 そして面接では、何がやりたいのか?どうなりたいのか?と未来を聞かれます。 焦りや不安な状態では、未来を見ることが難しい… そうならないために、まずは手軽にスタートできるミートアップについてご紹介しています!
自己分析

向いている仕事を知る方法を自分史の作成で解決!【やり方解説してます】

就活で過去を振り返っても、何がやりたいのかわかりません。という方は結構多いです。 やりたいことを見つける前に、まずは向いていることから見つけましょう。 その時に有効な自己分析方法として、自分史の作成があります。 自分史で分かるようになることは、3つあります。①今までの人生の転機による自分の成長②得意なこと、向いていること③興味・理想です。 まずは、自分史で自分の向いていることを知り、それをもとに企業の情報を収集する。 そうする中でやってみたいことが見つかります!
自己分析

【就活】キャリアコンサル的に見た自己分析の項目は3つ!

自己分析で知るべきことは3つあります。 1つは、得意なこと、2つ目は好きなこと、3つ目は環境で重視したいこと。 就活を効率的かつ精度の高いものにするためには、自分に向いている仕事を知ったうえで会社説明会などから情報収集をする必要があります。 今回はそんな自己分析の方法を解説した上で、業界研究や企業研究の進め方まで解説しました!
コラム

女性が活躍しやすい企業を見極める4つのポイント!

結婚して、子供を産んでも長く働きやすい企業に就職したい。 女性がバリバリ活躍しやすい企業に就職したいと思う方もいますよね! そんな女子就活生に向けて、女性活躍企業を見極める4つのポイントについて解説していきます(^o^)! 今回の記事で分かることは下記です。 ✅女性活躍企業を見極める具体的なポイント ✅アラサー女性の退職理由の実態 ✅女性活躍企業かどうか調べる方法
自己分析

ありきたりな就活軸にならないために必要な、自己分析観点は2つ!

就活軸は就活が終わるまでこれでいいのかと悩み続けますよね。 面接でも聞かれることもありますしね。 しかし、多くの就活生は受ける会社に合わせて”軸”を変えているのが実情だと思います。 そして、なんとなくで入社してもっといい会社あったかもな…と ちゃんと考えればよかったと後悔する人は少なくないのです。 という訳で今回は、”ありきたりな就活軸にならないために、必要な自己分析すべき2つの観点” について書いていきます(`・ω・´)
業界研究・企業研究

【面接に直結する業界研究】やり方を具体例つきで解説!

業界研究をする目的は大きく2つです。 ⑴興味のある仕事を見つける ⑵自分の個性とのつながりを見つける 具体的に説明すると ⑴興味のある仕事を見つけるというのは 業界研究をしながら、「いいな」と思えるものがあるか見極めるためです。 ⑵自分の個性とのつながりを見つけるというのは 自己分析で分かった自分がこれまで果たしてきた役割が 活かせそうな業界を見つけるためのものです。
学生時代頑張ったこと

【強みの見つけ方】勝ちの就活をするために必要な”自己ブランディング方法”

優秀な学生とみられる必要はわかりつつも、何を強みとしたらいいのか分からない… そう思っている就活生は少なくないはず。 なので今回は、自分の強みを見つけて勝ちの就活をするために必要な ”自己ブランディング方法”について解説していきます。 面接で「私は○○な人間です」と 強みを端的に分かりやすく答えられる状態を目指していきましょう(`・ω・´)!
就活の進め方

【10/19イベント開催します@秋葉原】ありのままで選ばれる就活に必要な3つのこと

私、ふじもっちゃん。 ついに検索エンジンから飛び出します\\└(‘ω’)┘////ワッショイ 学生団体「ぴゅあぽ」とのコラボだす\\└(‘ω’)┘////ワッショイ 就活をクソ真面目に研究しているブロガーと リアルな就活への不安を抱...
志望動機

【ここで差がつく!】実現したいことと志望動機の違いと考え方!

実現したいことと志望動機の違いについて理解できていますか? 新卒採用って、その人のポテンシャル(活躍してくれそうか)で決まってきます。 2次面接までは社会人基礎力で決まります。 しかし、それ以降になると「どんな社会人になりたいのか」「どんな価値提供をしていきたいのか」「どんな問題を解決したいのか」というような、その人の目指しているところで差別化されます。 その考え方をやりたいことが明確でない人向けに書きました。
やりたいこと・なりたい自分

やりたい根拠を探す観点は○○!自分の経験と結びつけられます。

多くの就活生が苦労している志望動機の作成。 就活生の皆さんは、どんな観点で「やりたい」の根拠を探していますか? 結論、やりたいこと=果たしたい役割です。 今回はこの手段と目的(役割)について解説します(`・ω・´)! 会社説明会や採用HPでは、商品の役割についてぜひ理解してみてくださいね。