面接

【話が長いと面接落ちる可能性大】論理的に話すために必要な2ステップ

面接で話が長いと落ちるフラグ立ちまくりです・・・。 話が簡潔にできている上で面接官が納得するように伝えなくてはいけません。 そのためには論理的に話すということが不可欠です! 「何をどこまで話すか」「どう話すか」を具体的に解説しました。
就活の進め方

就活わからなくなって来た時にやってほしい、頭の整理法

就活を始めると、色んな情報を知って何がいいのか分からなくなりますよね。 分からなくなったからと言って、就活が振り出しに戻ったと思わなくても大丈夫です。 しっかり整理をしていけば、就活軸の精度を上げることもできますし 納得のいく判断ができるチャンスでもあります。この機会に整理をしてみましょう。
業界研究・企業研究

面接する度に成長する人がやっている”3つの逆質問”

面接は会社と就活生がマッチしているかどうかの擦り合わせをする場所です。 なので、逆質問で会社の情報をどれだけ引き出せたかで自分のすり合わせの質が変わってくるのです。 次回以降の面接で差別化できるかどうかもかかってきます。 なので、今回は効果的な逆質問をする3つのポイントと具体例についてお伝えしています。
就活の進め方

就活始まるのになりたいものない…【内定を取るためにやるべき2つのこと】

就活が始まるけど、なりたいものや、やりたいことがなくてどのように就活を進めていけばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか? なりたいものが見つかっていないことに焦りを感じなくても大丈夫です。 今回は、なりたいものを見つけるためのやり方をご紹介しています。 まずはやるべき2つのことを知って、就活のスタートダッシュを切っていきましょう!
就活の進め方

就活しようにも興味が分からない…|厚生労働省推奨の診断ツールを紹介!

就活を始めようかなと思いつつも、興味ある企業ないんだよな~と悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか? 私自身も、興味なんて初めからわからず、事業内容をみても何がなんだかわかりませんでした(笑) そんな私が今、就活生の皆さんにお伝えしたいことは やりたいことを見つける前にまずは向いていることを見つけよう!ということです。 向いている仕事とは、興味のあること×得意なことです。
やりたいこと・なりたい自分

【就活】自己分析のゴールをこの3つ!ポイントを押さえた本当のマッチングをする方法!

自己分析で何を見つけるべきなのかというゴール設定はしていますか? 納得内定を取るために必要なポイントは3つあります。 そして、そのポイントに見立てをつけながら、事業内容や環境(社風、人の考え方、制度)を知りに行くのです。 今回は、具体的な分析方法についてと、その見立てをつけたあと、どのように行動したらいいのかについて書いています!
働き方

自分の仕事観を知って、マイナビ2021で企業検索する方法!

マイナビで企業検索をすると、果てしない数の企業が表示されますよね… 全部見てられないし。上位表示される企業はよくわからない会社ばかり… そんなツールに使われる状態から、抜け出す方法をお伝えしています! 働く上で譲れない価値観(キャリアアンカー)を診断して、マイナビで検証していく方法です。
コラム

【就活】自分の興味から広い視野で業界を絞る方法!今まで知らなかった企業を知れます。

業界を絞るって結構難しいですよね。 今知っている企業から、なんとなくのイメージで絞って、面接で「なぜこの会社なのか?」という質問への回答を考えれば考えるほど、視野は狭くなっていきました。 こんな状態にならないために、世の中にある仕事をわかりやすく解説してくれているサイトを紹介します。 それをもとに、職種➡企業➡業界と広い視野で業界を絞っていく方法を解説しています!
自己PR

【就活】会社で求められる”本当の巻き込み力”とは?

就活では、会社が求めている能力をどれだけ知って、今の自分がどうなのか?と自己分析できるかが大事です。 恥ずかしながら、わたしは今まで、自分の想いや意見を相手に話して、引き寄せていくことが巻き込み力だと思っていました…(;^ω^) そこで会社で失敗しながら、上司や周りの人から学んだ巻き込み力について紹介します。
自己分析

【悪い所しかなくて辛い…】弱みと強みは紙一重。新しい視点で行う自己分析方法!

こんな自分を受け入れてくれる会社なんてないよな。と落ち込むこともあると思います。 私もそう感じて、自分の短所は隠そう。そう思って面接に臨んでいました。 でも本当に自分らしい就活とは何だろうと、追求していく中で見つけた答えがあります。 それは、”能力は強みにも短所にもなりえるもの”ということ。 だから、面接で短所を隠して短所を突っ込まれないように話していては みなさんの本当の強みが伝わらないのです。 本当の意味で、自分を受け入れてくれる会社に就職するためには 短所と向き合えるかどうかがカギです。