面接する度に成長する人がやっている”3つの逆質問”

業界研究・企業研究
ふじもっちゃん
ふじもっちゃん

こんにちは。就活コンサルタントのふじもっちゃんです!

 

ふじもっちゃん
ふじもっちゃん

逆質問って何を聞いたらいいのかいまいち分からないですよね、、、。

 

ただ、念頭に置いた方がいいことは

面接は就活生と企業がマッチしているかをすり合わせる場所ということです。

面接官から、学生時代に頑張ったことや自己PR、志望動機を聞かれて話してきたあとは

就活生側からも企業と自分は合っているのか?と主体的に質問できる時間だということは

頭の片隅に置いておきましょう。

 

じゃあ、何を聞けばいいのか分からないという方向けに具体的な質問例と

そこからわかることをお伝えしていきますね!

面接時の逆質問はどんなポイントで聞いたらいいのか

blue sharpie beside yellow sticky notes

【逆質問のポイント】

①仕事内容

②会社が求める能力、知識

➂任される役割、期待されること

①は、興味が持てる仕事内容なのか?やりがいを感じられそうかどうかを判断するためにします。

自分の好きなことやこれまでに感じてきた考えとすり合わせをするための質問です。

ここの内容をもとに志望動機を修正することができます。(説明は後ほどします)

 

②は、自分に向いているか?を判断するための質問です。

自分の能力が活かせるか、というすり合わせを行う質問です。

ここで聞いた内容をもとに、自己PRやガクチカの見せ方をより魅力的に見せることができます。

 

➂は、成長スピードやワークライフバランスを知るための質問です。

仕事を任されて実際にやる中で、スキルや経験が付きます。

 

例えば、営業職の1年目で上司と一緒にいく営業のアポイントを取るだけなのか

アポイントを取って提案を実際にするのかでも経験に差が出ますよね?

提案をして、お客さんが買うかどうかを判断するクロージングまでやるのかでも経験には差が付きます。

そして、必要になるスキルも違うので成長にも差が付きます。

 

逆に、徐々にゆっくりステップアップをさせてくれる会社だと

役割は少ないですが、1つ1つの事を着実にできるようになれるというメリットもあります。

初めてのことをやるときは時間がどうしてもかかってしまうものですが

業務量を抑えた役割の振り方をしている会社は、比較的ワークライフバランスがとりやすいメリットもあります。

 

では、ポイント①~➂の具体的な質問例を見ていきましょう!

【面接|逆質問】例①仕事内容

person holding black mug filled with black liquid

仕事内容は事業内容をさらに細かくしたものです。

例えば、広告代理店のCM事業部の事業内容は、クライアントの商品を知ってもらうために

CMを企画制作する事業。

その事業の仕事内容は、営業、マーケティング、プランナー、制作と役割分担がありますよね?

それぞれのやっていることを聞くのが仕事内容の理解です。

事業内容だと働くイメージが付きにくくても、役割ごとに具体的に何をやっているのかを知ると

興味が持てそうかどうか判断ができそうですよね!

 

<逆質問例>

・○○の事業では、どのような役割分担で仕事が進められているんですか?

・営業の方は具体的にどんなことをやっているんでしょうか?

・(具体的な業務)の中で大変だなと思うことはどんなことでしょうか?

・お客様はどんな企業(または方)が多いですか?

・お客様からは具体的にどんな頼まれごとをされるんでしょうか?

・お仕事をされる中で一番の成功だと感じる時は例えばどんな時がございますか?

・お客様の期待に応えるために勉強されていることは何でしょうか?

仕事をする際にどのような動き方をするのか、

その時にどんな知識を持っておく必要があるのかを知っておくと

興味をもって取り組める仕事かどうか確かめることができますよね。

 

質問では、大変なことや苦労することも聞いておきましょう。

本当にやっていけるかどうかを確かめるのは勿論ですが

最終面接で「本当うちでやっていけそう?」と聞かれることは多々あります。

ですので、「こういう大変さは承知のうえで、こういうことをやりたいとか、どういう自分に成長したい」と言える情報を収集するのです。

 

また、お客様が困っていることや成功体験を聞くとそのサービスが果たしている役割を

理解できますよね。

そうすれば志望動機で、これまで自分が果たしてきた役割と重ねることもできますよね。

 

【面接|逆質問】例②会社が求める能力、知識

man reading book on beach near lake during daytime

会社が求める能力は、コミュニケーション能力や協調性だけではありません。

実際に業務をする中で必要になる能力や知識は何か

それはどんな役割(職種)の人がどんな場面で必要になるのかを知っておくと

自分の見せ方がわかるようになります。

 

例えば、コンサルティングファームA社が求める能力は「論理的思考力」だとします。

そしてその会社を受けるS君の自己PRが

「強みは、巻き込み力です。これまでに絶対に成し遂げたい思いを周りに話して巻き込んできました!」といった場合。

S君の強みは素晴らしいです。積極的な姿勢やリーダー的な存在だということも伝わります。

ただ、A社が求めている能力は論理的思考力。

感情で話すS君は論理的なタイプではないことがうかがえてしまうんですよね。

なので、A社が論理的な能力だけを重視している場合は落ちる可能性が高いです。

 

このように、会社が業務を進める中で何が必要な能力だと感じているかを知っておくと

自分の見せ方を変えられるきっかけになるんです。

 

一貫性のない見せ方や嘘は良くありませんが、

本来備わっている強みは複数ありますから、相手のニーズに合わせて

自己ブランディングできると強いです。

<逆質問例>

・個人に設定される目標は何ですか?

・そのために具体的にどんなアプローチをされていますか?

・目標を達成するためには、例えばどんなスキルが必要になるんでしょうか?

・お客様から頼りにされるには、どんな知識やスキルをつけていく必要がありますか?

・(希望職種の具体的な仕事内容を聞いてから)○○をする際はどんなスキルが必要ですか?

・活躍している方の共通点はなんですか?

・入社されてから一番成長したと思うこと、考え方が変わったと思うことはどんなことですか?

・仕事をする中で壁に当たったら、まずどのようにされていますか?

仕事には、具体的な目標が設定されています。

その目標をクリアするためには何が必要になるのかを聞くことで

会社から求められる能力を聞き出すことができます。

そして、その能力は今自分が強みとしていることと繋がりそうか?と考えるのです。

 

例えば、営業の目標は「売上を出すために、新規案件を毎月5社、既存の開拓を10社」とい目標の場合

そのために何をしているのかを確認します。

「テレアポや紹介営業かな」という回答だったら

テレアポでは、どんなスキルが必要なんですか?と聞いて

「警戒心を持たれないような話し方は勿論、端的に話す力や相手の困りごとを聞き出す力かな」と言われたら

そこから、自分の強みを振り返って、繋がりそうなことを考えるなどもできますよね。

 

そして、今までの自己PRではコミュニケーション能力が強みで、御社で活かしていく。という

ざっくりな締め方であったものを、

「お客様から信頼されるために、話し方や聞き出し方などをさらに磨いていきたい」と

強みの活かし方を相手に想像させるような話し方もできますよね。

【面接|逆質問】例➂任される役割、期待されること

group of people sitting beside rectangular wooden table with laptops

成長スピードは、どれだけ経験できるかで判断できます。

何年目に具体的に何を任されて(仕事内容)、その役割はどう変化していくのかを聞くことです。

1年目からリーダーというポジションを任される会社もあると思います。

でも、そのリーダーは何を任されているのかという

具体的な仕事内容を聞いてみることを私はお勧めします。

 

そして、同じ質問を違う会社にもしてみましょう。

そうすることで、他社比較の材料になり

「なぜ当社なのか?」という質問にも、しっかりと根拠をもって「成長できる御社がいいです」と

話すことができますよね。

実際に情報収集をしたことをもとに話せる人はその行動力も、事実をもとに考えることができる

論理的思考力、話す力も評価されます。

<逆質問例>

・○○さんは現在、何年目になられるんでしょうか?

 ・現在のお仕事の内容を教えて頂けますでしょうか?

 ・上司の方にはどんなかかわり方をされてお仕事を進めていらっしゃいますか?

 ・部下の方とはどんなかかわり方をしてお仕事を進めていらっしゃいますか?

・入社した当初はどんな仕事をしていたのですか?

・チームの中での役割はどのように大きくなっていくのですか?

 ・そこで期待されることはどんなことがあるのでしょうか?

・1年目は具体的にどんな役割を任せてもらえるのでしょうか?

・目安として、5年目の方はどんな役職を任されているのでしょうか?

 ・その役職は○○事業で言うと、どんな立ち回りをするのでしょうか?

任されている役割やその役割の人が他の社員とどんな関わり方をしているのかを

具体的に聞いていくことがポイントです。

社歴を設定して、役割をそれぞれの会社で聞くことで経験の積み方を他社比較できますよね。

 

メンバーとの関わり方は、そのポジション(役職)の人は

どんな立ち回りが求められるのかを知ることができます。

そうすれば、その役割の人だと会社からどんな期待をされるのか?を知ることができますよね!

それを参考に、「〇年後、どんな自分になりたいか」を考えることもできると思いますよ★

面接の差別化は逆質問でどれだけ情報を引き出せるか

2次面接以降は、優秀な人の中で会社により合う人を選んで合格を出します。

つまり、会社の情報をより詳しく知り、その上で自分とすり合わせることができるかどうかの勝負です。

 

なので、逆質問で効果的な質問をできるかどうかが

次回の面接で話せることの質が決まるといっても過言ではないです。

 

記事で紹介した質問は、やりたいことがあって裁量権を持ちたい方向けの質問例でしたので

ちょっとしっくりこなかった方もいるかと思います。

また、「自分で考えた質問が面接官にどう思われるのか心配だ」をいう方もいるかと思います。

なので、一緒にどんな質問をしたらいいか考えていきましょう(*’ω’*)

ライン@からご連絡お待ちしています★

まとめ

◎面接は就活生と会社がマッチしてるかどうかを擦り合わせる場所

 就活生側からの能動的に見極める質問をしても大丈夫。

 

【逆質問のポイント】

①仕事内容

②会社が求める能力、知識

➂任される役割、期待されること

ではご質問やご相談待ってます(*’ω’*)

ライン@登録者限定で業界研究シートと逆質問リスト無料プレゼント!

※現在、無料相談の受付を停止しています。

再開次第、当サイトでお知らせいたします。

ご了承くださいませ。

友だち追加

スポンサーリンク
業界研究・企業研究面接
藤本華菜をフォローする
about この記事の執筆者
藤本華菜

国家資格キャリアコンサルタント

就活生が自分らしい企業との融合点を見つけられるように
メディア、イベント、個別相談を通じて支援をしています(*'ω'*)

MARCHの某大学商学部を卒業。
内定0持ち駒0の元崖っぷち就活生。

自身の就活での苦労や失敗を振り返って
就活生に気づきが生まれるような情報を発信しています。

藤本華菜をフォローする
ココカラ就活

コメント

タイトルとURLをコピーしました