【営業辞めたい…】社長から教わった仕事を楽しくする方法

やりたいこと・なりたい自分
入社して7か月の間に部署が2回変わって、3個目の部署の商材に苦戦していた。
 
ちっとも結果が出ない状況に焦って
顔に思っていることが出やすい私は暗~い表情で過ごしていました(笑)
woman with head resting on hand
 
そんな私を見かねた社長が「藤本ちょっといいか?」と声をかけてきた。
そして「仕事楽しいか?」と聞かれた。
 
私:「・・・・・。楽しくはないです(笑)」
 
社長「そうか」
「俺から仕事を楽しむコツを教えてやる」と言われた。
 
私:「お願いします・・・」
 

(営業辞めたい)社長から教わった仕事を楽しむ方法

社長が言っていたのは”できることを増やすこと”というシンプルなことだった。

できるようになることとは

お客さんから求められること、上司会社から求められることに応えられるようになること
 
詳しく聞いてみると、応えられるようになると
役に立てている実感から社内・社外での自分の存在意義が感じられるようになると言っていた。
 
それにお客さんからも社内からも信頼されて、どんどん頼られるようになる。
 
もう自分がいなきゃだめじゃん~~って思うようになるから。という話だった。
 

(営業辞めたい)人材系で働くイケイケ兄さんの話

人材系の会社で営業職として働いている人と話をする機会があった。
 
イケイケ兄さんは、やりたいことはないらしい。
ただ、仕事は楽しいらしい。
 
どうしてですか?と聞いた。
 
イケイケ兄さんはサッカーを例に話してきた。
 
イケイケ兄さん:「サッカーやってた時もそうだったんだけど
なんとなく始めたサッカーで、チームの一員になれるようにサッカーの練習を頑張った。
 
そしたら、だんだんサッカーができるようになってきて
試合でも活躍できるようになって、チームから必要とされる。
試合に勝つためには、自分は欠かせない存在なんだって思えるからだんだん楽しくなってくる。
 
仕事も同じ感じだよ。」と言ってた。
 
 
社長が言ってたことと同じだと思った。
 
 

(営業辞めたい)仕事は自分で楽しくするもの

two men in suit sitting on sofa

やりたいことがない、仕事もつまらない…と思っている方は
仕事を楽しくするように、自分のできることを増やしてみてみるのもいいと思います。
 
私もこの話を社長にされて、営業として一方的にセールスをして
お客さんの要望を聞けていないことに気が付きました。
 
そりゃ、一方的に売ることばっかしていたら
自分でも何やってんだ?って思ってきますよね(笑)
 
案外、数字に追われていて気が付けないことだったなと思いました・・・。
 
 
じゃあ、できることを増やすとは言え何をできるようになればいいのかわからない。
 

(営業辞めたい)①できることを増やすために必要なこと

two men facing each other while shake hands and smiling

できることを増やすために必要なことの1つは困っていること、要望を聞くこと。

営業でも企画でもなんでもそうですが
今困っていることを相手(お客さん)に聞くことです。
 
はじめはなかなか話してもらえないかもしれませんが
「私や会社ができることかはわからないですが、できるかどうか状況を聞かせてください。」のスタンスが大事です。
 
誠意をもって相手の要望を聞く
 
そして、相手の課題に応えられるサービスが自社であるのか、他に紹介できないかを確認して、即レスです。
 
できないことはできないと言い、
こんなことだったら、うちの会社でできますという。
 
あくまで、相手の問題を解決できるように頑張るという気持ちが信頼につながるんです。
 

(営業辞めたい)②できることを増やすために必要なこと

two men talking

できることを増やすために必要なことの2つ目は
わからないことは、素直に聞くことシッタカNGです
 
相手の課題を聞く上で分からないことがあると思います。
社内でも、それってどういうこと?となんとなくしか分からないことがあると思います。
 
その疑問は素直に「すみません。〇〇ってどういうことですか?」と聞くようにしましょう。
 
知らないのに、シッタカはNGです。
(後で自分で調べてわかるものなら大丈夫です。)
 
この些細な疑問を放置すると、今更聞けない感にさらされてどんどん成長できるチャンスを逃してしまいます。
 
何をできるようになればいいのかさえ分からないままになってしまうんです・・・。

できることが増えると、選択肢が広がる

black sunglasses lot on white panel

その道を極めてできることを増やすと、選択肢が増えます。
 
例えば、営業としてチームを束ねてプロジェクトの管理をする立場だとします。
 
このチームを束ねる役割を果たすには、できるようにならないといけないことは下記です。
・進捗管理
・(顧客・メンバーへの)報告・連絡・相談の有効的なタイミングや手段
・顧客へのレポート
 
これは今の仕事だけではなく、様々な業界で通用することです。
例えば、コンサル、デザイン、広告、人材紹介など
 
このように、できることを増やすと違う業界でも活かせるスキルとして
アピールできるものになります。
 

まとめ

仕事を楽しむには自分から楽しくする必要がある。
 
まずは、要望(会社・社外)を知って応えられることを増やすこと
そうすると次第に、役に立てている実感から自分の存在意義を感じられるようになる。
 
できることを増やすために必要なこと
①要望を聞く
②わからないことは、素直に聞く
 
そうすることで、社内・社外からも信頼されて頼られる人材になれる。

ライン@登録者限定で業界研究シートと逆質問リスト無料プレゼント!

※現在、無料相談の受付を停止しています。

再開次第、当サイトでお知らせいたします。

ご了承くださいませ。

友だち追加

スポンサーリンク
やりたいこと・なりたい自分働き方
藤本華菜をフォローする
about この記事の執筆者
藤本華菜

国家資格キャリアコンサルタント

就活生が自分らしい企業との融合点を見つけられるように
メディア、イベント、個別相談を通じて支援をしています(*'ω'*)

MARCHの某大学商学部を卒業。
内定0持ち駒0の元崖っぷち就活生。

自身の就活での苦労や失敗を振り返って
就活生に気づきが生まれるような情報を発信しています。

藤本華菜をフォローする
ココカラ就活

コメント

タイトルとURLをコピーしました