【就活失敗するパターンの特徴まとめ】恋愛傾向から分析する。

就活の進め方
ふじもっちゃん
ふじもっちゃん

こんにちは!就活コンサルタントのふじもっちゃんです(^^)/

就活で失敗する人とそうでない人の違いについて

ずっと考えていて、パターンがあるのでは?と思ってきました(笑)

ふじもっちゃん
ふじもっちゃん

考えていくうちに、恋愛と似ているなと思うところがあったので紹介したいと思いますヽ(^o^)丿

 

実は、就活コンサルタントと名乗っている私ですが就活生時代、就活はうまくいかなかったんです。

入りたい企業なんてなくて、自分が強いていいな!と思った企業に闘魂注入した挙句

内定0持ち駒0で7月を迎えました。

その状態になるまでに、いろんな人から視野を広げなって!とアドバイスをされました。

でも、何かと理由をつけて聞き入れなかったんです。

 

こんな自分の失敗も振り返りつつ、就活失敗パターンの人の特徴について書いてきます!

(就活失敗)パターン①こだわり強め

woman standing beside table of accessories

失敗パターン①はこだわりが強めの人です。

 

恋愛でも、「この人がいい!」とか

そんなに好きじゃない人から告られても「嫌いじゃないけど、好きじゃないから付き合えない」って考える人です。

告る側の場合でも、「好き好き!」と自分の想いをぶつけてしまって、相手に「ん?なんで?(笑)」とちょっと引かれてしまうこともありますよね。

 

恋愛でも付き合える確率(内定率)は自ずと下がってしまいます。

 

このパターンの人は自己暗示能力が高いので、好きな人に悪い部分が見えたとしても解釈を変えがちです。

 

「男(女)たらしらしいよ」と聞いても、モテるから仕方ないでしょ。

モテるからモテない奴のひがみでしょ?と解釈したり。

企業でも「ブラックだよ」「給料安いらしいよ」と聞いても

「ここでしか味わえないやりがいがあるんだ!お前らに分かるか!」となってしまったり。

 

過去の私はこれでした。

じゃあ、このパターンの人はどうしたらいいのか?

こだわり強めの人の解決策①

woman wearing gray shirt facing town near mountain during daytime

視野が狭くなりがちなんだ。と認識して広げるように行動してみることです。

 

その企業じゃないといけない理由は人ですか?

業務内容ですか?

 

志望企業を捨てろとは言いませんが、他の企業でもいい人はいます。

業務内容なら同じ業界の会社を見てみるとか。

良く分からない企業を受ける気にならないのなら、業界を少し変えてみるとかです。

 

広告業界が志望だとします。

広告って、クライアントの課題解決のために1から案を考えて提案するじゃないですか?

それと同じような仕事をしている企業は他にもあります。

例えば、コンサル業界、人材業界です。

その企業のどこに面白みを感じているのかを見つけて、

他の企業、業界でもできないかな?と視野を広げるのです。

 

嫌、でもやっぱり私はこの企業がいいのだ。という方もいると思います。

過去の私もそうでした(笑)

そういう方は次の方法を紹介します!

こだわり強めの人の解決策②

white The Pursuit flaglet

とことんその企業に闘魂注入することです。

1度落ちても再チャレンジするんです。

 

その企業から内定を貰えるかもしれませんし、仮に無理だったとしても

そこまでやった事がアピールになります。

 

夏以降の面接は企業も学生に過度に志望度を気にしていません。

そこで勝つには、自分の考え方、ポテンシャルを評価してもらうことです。

そのエピソードがそのまま自己PRになります。

これは私が身をもって体験したことなので断言します。

(社長にその自分の強みを評価してもらい、即内定になりました。内定後も何かと思い切りのいい奴として他の社員に名前を憶えてもらうのも早かったように思います(笑))

 

ヤッたるぞ!と思う方は

下記について徹底的に対策し、なぜこの会社なのか?という質問に備えるのです。

事例、業務内容確認

その企業の事業内容、事例は絶対に確認します。見に行けるようなら見に行きます。

 

社員と会う3人くらい(新人から入社10年未満の人)

5年後、10年後の自分について考える材料を貰います。

どんな考えで仕事をしているのかとかを質問したり。

 

過去の自分と企業をリンクさせます。

自分が入社したい思いだけ言ってもダメです。

自分が目指している事が御社で実現できると考えています。

また自分の能力を活かせると思っています。と自分をセールスすることが大事です。

 

 

この考え方はこちらで解説しています。

(志望動機が作れない・・)志望したきっかけ・経緯も答えられる深掘り方を解説!

なりたい自分も同時に考えておくと、自分の目標達成のためにも御社に入社することが有効だと考えました。ということができます。

これについてはこちらで考え方を解説しています。

志望動機が弱い原因は手段をやりたいと言っているから。解決策を解説します!

 

私は、第一志望に2回チャレンジしましたが落ちてしまいました。

そこで足りなかった点は、入社しどうなりたいのか。入社してどんな価値を提供したいのか。がなかったことだと思っています。

 

この人達と働けたらそれでいい。頑張れる。と思っていたので

入社して満足なんだろうと思われてしまったんだと思います。

2回とも3次面接で落ちたのは、これが足りなかったのだと思います。

皆さんはそうならないように対策してくださいね!

(就活失敗)パターン②先入観強め

grayscale photography of boy sitting on the floor watching the person in front of him

失敗パターン②は先入観強めの人です。

「自分なんて無理だ」とか「自分には合ってない」と企業を知らない段階で決めつけてしまっているパターンです。

 

恋愛でも、かっこいい(かわいい)人がいて自分と付き合えるはずがない…と初めから近づかない

知ろうとしないのでは、当然付き合えないですよね。

もしかしたら、それは自分が抱いている幻想かもしれないのに。

本当はすごく相性がいいかもしれないのに、先入観で決めつけてチャンスを逃がしている。

これって、自分が傷つくのが怖いからそうしてしまうんだと思います。

自分を高く見積もっていても、

レベルが低いとみなしている相手からお断りを食らうとプライドが傷つくじゃないですか。

 

まずは知ろうとすること、何となくの理解だから志望動機も作れないのだということを自覚しましょう。

先入観強めの人の解決策

person holding eyeglasses

企業を知ることです。

ポイントは下記です。

誰に対して、どんなサービスを提供しているか

✅サービスを通してどんなことが解決できたか、価値提供をしているのか

✅その企業が大切にしている考え方

 

どんな企業でも、ブランディング(顧客に対して信頼)をしています。

企業のHPも会社説明会も、オフィスやパンフレットも「なんかすごそう」と思ってもらえるように戦略を立てているんです。

実態はそんなすごくなくても、すごそうに見せる努力をしているんです。

企業のブランディング戦略を考える企業もあるくらいです。

 

だから、それに惑わされないように

その企業は何をして何を解決しているのか?大切いしている考え方って何?と情報収集してみてください。

 

企業のHPから情報収集する方法、他社比較する方法、自分とリンクさせる方法いついて解説した記事で確認してみてください!

志望動機が弱い原因は手段をやりたいと言っているから。解決策を解説します!

 

それを踏まえて、この企業でどうしたいのか?を考えていく必要があります。

 

多くの就活生は、手段(サービス)をしたい理由を志望動機にしてしまっているので

いつも面接結果を不安に思ってしまうんです。

ここで必要な考え方は、自分がなりたい像、自分の目標を達成するために御社で働くことが有効だと思ったと言えるかです。

本当に思っていなくても大丈夫です(笑)

興味が少しでもある企業に入りたいなら、この考え方を身につけましょう!

(ここで差がつく!)実現したいことと志望動機の違いと考え方!

(就活失敗)パターン③思いがない

woman sitting near the tree

失敗パターン③は「なんでもいいや」という人です。

別にやりたいこともないし、どこでもいいや。って人です。

恋愛でもよく自然消滅してしまうような方。

付き合っても相手に自分の考えを話さない、相手を知ろうとしないから名前だけになってしまう。

 

色んな原因があるとは思いますが、自分に自信がない(自尊心がない)のも1つの理由だと思います。

自尊心がないから、何でもいいやと投げやりになるんです。

自尊心とは

「ありのままの自己を尊重し受け入れる」こと

(参照:自尊心 – Wikipedia)

 

人の役に立ったら嬉しいとか、人から認めてもらえて嬉しいと感じるのは誰でも強さは違えど持っている感情だと思います。

就活を失敗したくないという考えが少しでもあるならこの点を意識して改善してみてください。

自分の能力に気が付く(自身を持つ)

✅企業の魅力を見出す見方をする

✅伝える努力をする

詳しく解説していきます!

思いがない人の解決策

woman wearing white top and black pants standing on cliff

まず、自分の能力に気が付くことです。

それには、自分が人から褒められたこと、認められたことを思い出してみてください。

あとは、他の就活生と会って話をしてみるのもいいと思います。

過去に達成したこと、自分から行動したことを思いますと自分のモチベーションの根源に気付けるのでやってみてください。

それをやって、自分は何かきっかけがあればできる人間なんだ!って思ってください。

 

その上で、企業の魅力を見出してみましょう。

ここでのゴールは少しでもいいなと思う企業を見つけることです。

誰に対して、どんなサービスを提供しているか

✅サービスを通してどんなことが解決できたか、価値提供をしているのか

✅その企業が大切にしている考え方

 

業界地図、四季報からいいなと思う企業。業界を見つけてみてください。

給料が高い所とか条件はあると思いますが、仕事ができるようになれば給料は上がっていきます。

低い給料で見合わないなら、他の企業に転職すればいいんです。もしくは独立だってできます。

給料だけよくて仕事に興味がないパターンだと、成長がしずらいです。

よって長期的に見て給料が高くならないです。

終身雇用っでなくなった今、給料だけで会社を選択するのは危険です。

 

 

また次は、伝える努力をするフェーズです。

これは志望動機です。

自己PRやガクチカの対策も重要です。

でも最終的に3次、最終面接になると「なぜ御社なのか?」というところで振り落とされるわけです。

これを対策するために、いいなと思った企業から無理やりでも自分とリンクさせるんです!

リンクさせるポイントは2点です。

自分が活かせる強み自分の叶えたい夢(どういう人になりたいか、どういうことを成し遂げたか)です。

 

自分の中から出てくるのがベストだと思いますが、そうならない人も多いのが現実です。

(過去の私もそうでしたww)

自分の目指していることと企業をリンクさせる方法について解説しているので確認してみてください(^o^)

志望動機が弱い原因は手段をやりたいと言っているから。解決策を解説します!

 

 

自分の活かせる強みと企業をリンクさせる方法についてはこちらで解説しています。

ここで大事なのは、その仕事で必要なことを考えることです。

企業研究と同時並行で、考えられる内容になっています。

(志望動機が作れない・・)志望したきっかけ・経緯も答えられる深掘り方を解説!

(就活失敗)じゃあ成功しやすいパターンって??

couple dining out

じゃあ。就活で成功しやすいパターンの人ってどんなよ?とおもいますよね。

それは、とりあえず受けてみる。

面接で企業を知りながら、自分に合っているか見極める人です。

 

恋愛でも、とりあえずデートしてみる連絡とってみる。

もしくは付き合ってみる。そんな中で相手の良さに気付いて本格的にアプローチしていける人です。

これだと、ミスマッチも起こりにくいです。

 

過度に相手に期待や幻想も抱いていませんし、相手の良さを知る様にしているわけでですから

自分ばかりが求めすぎることもないわけです。

好感度、かなり高いです。

 

あんまり恋愛でうまくいかない人は、相手に期待しすぎていたり自分が傷つくのが怖くて近づかない。知ろうとしない、相手に自分の考えを話さない。どうせ無理だとチャレンジしないのです。

仲良くなる前に、何かと理由をつけて仲良くならないんです。

それで選択肢を狭めてしまっているんです。

 

就活でもそうです。うまくいってない人は、説明会の段階からそんなに行きたくないしな…とか

志望動機が書けないから受けないとか。

そうやって初めから決めつけて考えることをしないのです。

だから、ちゃんと受けれる企業も少なくなる。

 

面接をしながらホントに行きたいかな?自分とあっているかな?楽しんで仕事できそうかな?と知っていけばいい。

それくらいの感覚で臨むのも大事です。

ただ、面接対策はしっかりして、選べる立場になるのが大事です( `ー´)ノ

まとめ

とりあえずデートしてみる。ラインしてみるくらいの感覚から選考を進めていきましょう!

面接をしながら、企業を見極める。

 

就活失敗パターン

①こだわり強め

➡視野が狭くなりがちなんだ。と認識して広げるように行動してみる

 とことんその企業に闘魂注入すること

②先入観強め

➡企業を知ることです。

ポイントは下記です。

✅誰に対して、どんなサービスを提供しているか

✅サービスを通してどんなことが解決できたか、価値提供をしているのか

✅その企業が大切にしている考え方

 

③思いがない

➡✅自分の能力に気が付く(自身を持つ)

 ✅企業の魅力を見出す見方をする

 ✅伝える努力をする

 

 

 

ライン@登録者限定で業界研究シートと逆質問リスト無料プレゼント!

※現在、無料相談の受付を停止しています。

再開次第、当サイトでお知らせいたします。

ご了承くださいませ。

友だち追加

スポンサーリンク
就活の進め方自己分析
藤本華菜をフォローする
about この記事の執筆者
藤本華菜

国家資格キャリアコンサルタント

就活生が自分らしい企業との融合点を見つけられるように
メディア、イベント、個別相談を通じて支援をしています(*'ω'*)

MARCHの某大学商学部を卒業。
内定0持ち駒0の元崖っぷち就活生。

自身の就活での苦労や失敗を振り返って
就活生に気づきが生まれるような情報を発信しています。

藤本華菜をフォローする
ココカラ就活

コメント

タイトルとURLをコピーしました