(就活の軸の決め方・見つける視点について)やりたいこと・興味があることで決めるべき

志望動機
ふじもっちゃん
ふじもっちゃん

こんにちは!就活コンサルタントのふじもっちゃんです(^^)/

「就活の軸は何ですか?」とか「企業選びの軸は何ですか?」とか面接で聞かれますよね。

そうなんです。それが問題で・・・。

軸の決め方が分からないんです。

 

ふじもっちゃん
ふじもっちゃん

軸の決め方って様々ですよね。

例えば、「海外に関われる」「自由な社風」「給料がいい」挙げたらきりがないと思います。

 

しかし、就活の軸は「やりたいこと・興味がある事業」で決めた方がいいです。

条件(社風、給料など)は内定をもらった後に判断するべきです。

その訳についても解説していきますね!

 

 

 

 

という訳で今回は、「就活の軸の決め方」「条件で軸を決めるのは、避けるべき理由」

について解説していきます!

 

 

この記事はこんな就活生に参考になると思います。

 

✅就活軸がない

✅就活軸の決め方を知りたい

✅漠然とした軸を明確にしたい

✅志望企業がバラバラ過ぎて、共通点が分からない

✅就活軸ってなんでそんなに聞かれるのか疑問

 

 

就活の軸を聞く意図とは

 

面接で「企業選びの軸」「就活の軸」を聞く意図は

①どんな考え方、価値観をもって物事に取り組む人なのか

②仕事に対する価値観を知りたい

(参照:内定請負漫画「銀のアンカー」式無敵の面接)

 

軸が会社と合致しているかを確認するのは勿論ですが

仕事をする意義を持っているかを確認して、「入社して悩んだ時に立ち直れる判断ができるか」という視点でも見ています。

 

就活軸で面接官の期待値を作る

面接官に「入社して頑張ってくれそうだな」「困難があっても、乗り越えられそうだな」と

期待値を作れるかが勝負になります。

 

こちらをご覧ください。

関連画像

(参照:人材教育の観点から夢や目標実現のための成長を考える)

 

 

新入社員で入社して、初めは何も分からないところからスタートします。

企業は時間をかけて、教育していき一人前になるまで投資してくれるのです。

(バイトでも、初めは先輩から教えてもらいましたよね。覚えるでや、一人前になるまでには時間が掛かったと思います)

 

 

つまり、はじめの投資段階では利益を出さない社員という訳です。

だから「入社して頑張ってくれそうだな」「成長してくれそうだな」というイメージをもってもらえたかが勝負になるんです。

 

 

じゃあ、「どうしたら成長してくれそうだな」と思ってもらえるのか。

就活軸は「やりたいこと・興味がある分野」から決めるのがおすすめ

boy standing on ladder reaching for the clouds

面接官の期待値を作るには、「やりたいこと・興味があること」という意欲的な話をするのがいいです。

入社する目的、仕事をする意義が明確だと「頑張ってくれそうだな」と感じるものです。

 

 

例えば、

Aさん「就活軸はマーケティングの力で企業と消費者に貢献すること」

Bさん「就活軸は社会貢献性が高いこと」

Cさん「就活軸は社風」

 

 

どうでしょうか?

言わずもがな、Aさんの軸の方が明確な入社目的(軸)がありますよね。

 

社会貢献性が高いという軸が悪いという訳ではありません。

しかし社会貢献では意味が広すぎるのです。

 

企業の活動はすべて社会貢献です。

社会貢献性が高いかどうかを説明するのは、論文レベルでの説明が必要なのではないでしょうか?

 

じゃあ、就活軸ってどうやって決めていけばいいのか。

就活軸を決める際の視点

woman in maroon sweater on focus photography

 

就活軸を決めていくには、下記4つの視点で業界研究を行ってみてください。

  • 「誰に」
  • 「何を」
  • 「どの様に」
  • 「どんな価値を」

 

 

直観でもいいので「興味がある企業」をこの4つの視点で深堀りしてください。

そうすることで、就活軸が見えてきます。

 

 

深掘りの仕方については、実際の会社を例にしてこちらで解説しています。

(志望動機が作れない・・)志望したきっかけ・経緯も答えられる深掘り方を解説!

 

 

業界研究・企業研究がまだ足りないかも・・と思う就活生にはこちらで詳しくやり方について解説していますので、参考にしてみてください。

【志望動機の深掘りが怖い・・】業界研究・企業研究のやり方・収集する視点を知れば解決できる

 

<4つの視点の例>

●「誰に」の具体例

企業もしくは個人/経営者もしくは担当者/特定地域もしくは全国/消費者もしくは社内/

一般層もしくは富裕層/男性もしくは女性

 

 

●「何を」の具体例

有形もしくは無形/消費財もしくは生産財/パッケージもしくはノンパッケージ/自社製品もしくは他社製品/実用品もしくは嗜好品/高額もしくは定額

 

 

●「どのように」の具体例

個人プレーもしくはチームプレー/新規もしくは固定/対面もしくは非対面/個別対応もしくはマス対応/直接販売もしくは代理店/定型(商品の良さを伝えるプッシュ型)もしくは非定型(相手のニーズに応じて提供するプル型)

 

 

●「どんな価値を」の具体例

挙げたらきりがないですね。

志望企業のビジョン、ミッションを参考にしてください。

 

商社だったら、「メーカーの利益に貢献することや、消費者へ便利さを提供」とか

広告だったら「消費者と企業のWIN WIN」

経営コンサルだったら「企業利益拡大のための戦略立案」

 

 

同じ業界ではこの4つの構造は同じです。

しかし、業界が違うとこの構造が全く異なります。

複数の業界を受けている就活生は、この視点の中でどこに共通点があるのかで軸を定めてみてください!

 

 

この視点で業界研究をし、4つの視点の中で「自分はどこに興味があるのか」を見つけるのです。

 

 

その「興味」を深掘りしていくと、就活軸を定めたはっきりとした理由が言えるようになります。

「就活軸をそれにしたきっかけとなるエピソード」は聞かれると思ってください。

 

 

いやいや。就活軸を決めた理由も、きっかけとなるエピソードもないよ!と思う就活生へ向けて

どのように理由を考えていけばいいのか解説していきます(^^)/

 

就活軸を決めた理由はどう考えたらいいのか

就活軸を決めた理由は、「企業のいいな」と感じたことを深掘りしていくと

自分とリンクさせることができます。

 

 

就活軸と自分のリンクは下記のポイントで探してください。

  • 過去の経験(インターン、専攻、バイトなど)
  • 自分の考え(その仕事を魅力的だと思った経緯)

 

 

これについて、実際の広告会社を例にして解説していますので参考にしてみて下さい!

意外と簡単に作れます。

 

この記事の<(志望動機深掘り)WII(やりたいこと)を考えていく>という部分に書いてあります。

(志望動機が作れない・・)志望したきっかけ・経緯も答えられる深掘り方を解説!

 

(就活軸)条件は内定後の判断材料にしよう

関連画像

活軸は条件で設定している方もいると思います。

例えば、

  • 転勤がない
  • 給料が高い
  • ネイルができる
  • 福利厚生が充実している

 

 

また海外と関われるという軸の就活生もいると思います。

そういう軸も、広いのでもう少し詳しく上で説明した4つの視点を基に

「海外とどのように関われる仕事がいいのか」という部分を深掘りしてみてください(^^)/

 

 

譲れない条件はあると思いますが、それ以外で上で説明した4つの視点についても考えてみてください。

条件は内定をもらった後に判断するのがいいと思います。

 

その理由について説明していきますね。

就活軸を決めるのは、自分にとってもメリット大

woman wearing blue denim jacket and distressed blue denim jeans jumping during daytime

 

面接官の期待値を作れるからということは、記事の前半部分で解説してきました。

 

しかしそれだけではなく、自分自身にとっても軸を決めるのはメリットがとても大きいんです。

 

<軸を決めるメリット>

⑴仕事をする目的意識があるため、成長スピードが速い

⑵やりがいを感じやすい

⑶仕事を続けるか迷った時の判断軸になる

⑷転職するときにも聞かれる

 

 

⑴⑵については、受験勉強を想像してください。

「よし。数学を頑張るぞ!!」と、とにかく励んで勉強するのと

「よし。数学の因数分解をできるようになるぞ!」と目的を明確にして勉強した方ができるようになるスピードが速いと思いませんか?

 

 

また、因数分解を攻略した時の方が「達成感や成長実感」を感じやすいと思いませんか?

(数学全体を勉強していて、何が具体的にできるようになったのか分からないよりか)

 

 

⑶については、「入社した目的=軸」をもっていると仮に仕事がいやだなと感じた時に

「自分は何がやりたくて入社したのか」をもとに振り返ることで、

それが違ったなら違うなら辞める。

「やりたいこと」はあっているなら、もう少し頑張ると自分の選択を振り返る軸になるんです。

 

 

⑷転職の面接でも、「軸」については聞かれることです。

これをもとに、なんでミスマッチが起こったのか、仕事をする意義は何か、を見ているのです。

 

 

だから、今は「内定をもらうこと」に頭が行きがちですが入社してからの自分にとっても必要不可欠な軸になります。

向き合って考えていくべきです。

 

まとめ

assorted-color color pencils

 

◎就活の軸を聞く意図

☞①どんな考え方、価値観をもって物事に取り組む人なのか

 ②仕事に対する価値観を知りたい

 

 

◎就活の軸は「やりたいこと・興味があること」で決めるべき

☞面接官が「入社して頑張ってくれそう!」という期待のイメージが作れるかが勝負!

 

 

「福利厚生、社風、人」などの条件は内定をもらった後の判断材料にしよう。

 

◎就活軸を決める視点

☞⑴まずなんとなくでもいいので「いいな、やりたいな、興味があるな」という業界や企業を見つける。

 

⑵リクナビや業界地図を参考に

「誰に」「何を」「どのように」「どんな価値を提供しているか」書き出す

 

⑶いいなと思う業界が複数ある場合は、”この4つの視点で共通点はないか”と考える

この共通点が軸になる。

 

 

◎就活軸を決めた理由、きっかけとなるエピソードを用意しておく

☞自分の経験(インターン、専攻、バイト、等)

もしくは、自分の考え(やってみたいと思った経験)が話せればOK

 

 

「志望したきっかけなんて、何となくだしな・・・」という方もいると思います。

でも大丈夫です。志望したきっかけのエピソードは簡単に作れます!

 

 

その考え方(やり方)については、こちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

(志望動機が作れない・・)志望したきっかけ・経緯も答えられる深掘り方を解説!

 

 

就活軸は転職をするときにも聞かれる質問です。

また、入社して「ここで良かったのかな。」と迷う時は必ず来ます。

 

 

その時に、”どうしてこの会社を選んだのか”という軸(判断)は自分の選択を振り返る際になくてはならないものだと思います。

 

 

終身雇用がなくなった今、自分で判断して未来を切り開いていく力が重要だと思いませんか?

 

 

考えたいけど、難しい。と感じた就活生も多いと思います。

質問はページ下👇のコメントで受付ていますので、よろしければどうぞ(^^)

 

ライン@登録者限定で業界研究シートと逆質問リスト無料プレゼント!

※現在、無料相談の受付を停止しています。

再開次第、当サイトでお知らせいたします。

ご了承くださいませ。

友だち追加

スポンサーリンク
志望動機面接
藤本華菜をフォローする
about この記事の執筆者
藤本華菜

国家資格キャリアコンサルタント

就活生が自分らしい企業との融合点を見つけられるように
メディア、イベント、個別相談を通じて支援をしています(*'ω'*)

MARCHの某大学商学部を卒業。
内定0持ち駒0の元崖っぷち就活生。

自身の就活での苦労や失敗を振り返って
就活生に気づきが生まれるような情報を発信しています。

藤本華菜をフォローする
ココカラ就活

コメント

タイトルとURLをコピーしました