「油断して面接に落ちた」と思っている就活生に足りない”たった1つの欠点”とは!?

面接

こんにちは!就活コンサルタントのふじもっちゃんです(=゚ω゚)ノ

ふじもっちゃん
ふじもっちゃん
「え!!あんなに意気投合してたのに、落ちた・・」「何がダメだったの??」って思うことってありますよね

そうなんです。
緊張せずに自分らしく話せたと思ってはいたんですけどね。
運ですかね~?
シューカツオ
シューカツオ
ふじもっちゃん
ふじもっちゃん
いいえ。違うんです!実はたった一つ足りないものがあるんですよ。

たった一つ足りないものとは、”あなたに覚悟があるか”ということです。

「愛はあるんか」の画像検索結果

「そこに覚悟はあるんか?」

という質問に対して、不十分だと判断されて不採用となってしまっているんです。

ミスマッチを防ぐために、油断させて就活生の本音を見ようとしています。

ここで就活生が「なんかゆるいなこの面接」「面接官と意気投合して話せたし大丈夫!」と勘違いしてしまうことが結構多いです。

 

”ゆるい面接””フランクな面接”の中にも必ず「入社する覚悟」を問う質問があります。

そこで”いかに伝えられるか”が内定への道を決めます。

今回はこの「覚悟を伝えるために必要なこと」「覚悟はどのようにして聞かれるのか」について書いていきます(^o^)/

では早速、”覚悟を伝えるために必要なこと”を見ていきましょう!

就活生、ここで働く覚悟を腹をくくって言い切れ!

関連画像

ゆるい面接、フランクな面接でも必ず入社する覚悟を問われています。

覚悟を伝えるには”腹を決めて言い切ること”が大事です。

雑談やゆるい流れに流されて、キメるべきところでキメきれないと

覚悟が足りないと判断されてしまうんですよ。

 

例えばプロポーズされる時をイメージしてみてください。

一緒にいて楽しくても

他の人に目移りしやすいとか、家庭をもつ覚悟がない人と結婚しますか?

しませんよね?

信用できない相手とは結婚しないですよね。

これと似たことが新卒採用では起こっているんです!

(新卒採用)信用が得られなければ、内定はもらえない

関連画像

新卒採用は”信用できる人材か”で内定が決まります。

それは新卒は経験やスキルがないため、「この人は弊社で頑張ってくれるか」という視点で判断しているからです。

 

労働契約法ってものが日本にはあって、これって企業はよっぽどの理由がない限り社員をクビにできないことが決められているんです。

だから、新卒採用だったら40年間雇うつもりで採用しているんです。

つまり、結婚と同じく長期契約なんですよ。

 

結婚だったら付き合う中で相手を見極めることができますが、就活は数回の面接でしかも数十分の中で

就活生を見極めなければならないのです。

それ故に就活では”根拠”をもって望まなくては信用はされません!

ここで注意したいことは、背伸びやウソ、ハッタリは絶対NGです。

面接官は根拠を深堀してきますので、ウソはすぐにバレます。

背伸びして、根拠が伴っていない回答は信用度がなくなりそこで内定への道は閉ざされてしまいます。

”覚悟”を聞いてる質問とは?

関連画像

フランクな面接は、相手から本音を引き出しやすくするためにあえてゆるさを出してきます。

「今日はざっくばらんにお話できればと思ってます~」とかやたらテンション高い面接官だったりするんですよね(笑)

 

そして覚悟は「判断軸」から判断します。

これは「過去に判断してきた軸」と「未来のことを判断する軸」です。

例えば「どうしてその行動をしようと思ったんですか?」とか

その人が行動を取った理由=判断軸を聞いてきます。

 

また過去にとってきた判断軸が志望理由と一貫しているかという視点でも見ています。

その判断軸(何を重視しているか)が企業と合っているかを見ているんです。

自分の過去の経験と志望理由を一貫させる志望理由の作り方については

こちらで紹介しています!

【就活/2次3次面接対策】面接官から聞いた本気の対策方法(例文あり)

覚悟は就活生と企業の双方にとっていい選択になる

関連画像

入社して「この会社で良かったのかな?」と悩むことはざらにあります。

そんな時に「自分はなんでこの会社を選んだのか」という判断根拠(覚悟)があれば

ここで頑張り続けるのかどうかを選択する支えになります。

 

また、企業にとってもミスマッチからなる早期退職を防ぐために

就活生の思考を見極め、合う合わないを判断してくれているのです。

人材をとにかく集めることに必死なブラック企業は、就活生のやりたいことを聞かない場合もあります。

だから、自分が選んだ道に後悔しないためにも「本当にここで働く覚悟があるのか」を考えてみてください。

まとめ

◎ゆるい面接、フランクな面接でも必ず入社する覚悟を問われている

◎新卒採用は信用を得られるかどうかが大事

☞背伸びやウソ、ハッタリはNG

「この人は弊社で頑張ってくれるか」が見られている!

それには”ここで働く覚悟”を示せ!!

 

◎覚悟を伝えるには”腹を決めて言い切ること”が大事!

覚悟は「判断軸」から判断される

☞過去に判断してきたことと志望理由の一貫性があるかどうかが大事

 

 

 

 

 

ライン@登録者限定で業界研究シートと逆質問リスト無料プレゼント!

※現在、無料相談の受付を停止しています。

再開次第、当サイトでお知らせいたします。

ご了承くださいませ。

友だち追加

スポンサーリンク
面接
藤本華菜をフォローする
about この記事の執筆者
藤本華菜

国家資格キャリアコンサルタント

就活生が自分らしい企業との融合点を見つけられるように
メディア、イベント、個別相談を通じて支援をしています(*'ω'*)

MARCHの某大学商学部を卒業。
内定0持ち駒0の元崖っぷち就活生。

自身の就活での苦労や失敗を振り返って
就活生に気づきが生まれるような情報を発信しています。

藤本華菜をフォローする
ココカラ就活

コメント

タイトルとURLをコピーしました