人事から聞いた”一緒に働きたい人”のタイプは2つ!あなたの長所はどちらに当てはまるのか!?

面接

こんにちは!ふじもっちゃんです(=゚ω゚)ノ

就活をしていると「面接官が一緒に働きたいと思うかどうか」が大事だと聞いたことありませんか??

ちなみに面接官の評価の93%は

「どう見えたか」という視覚的情報が55%、「どう聞こえたか」という視覚的情報が38%

で構成されているんです。

「メラビアン 法則」の画像検索結果

つまり、話の内容は7%にしか過ぎなく、見た目や声の印象が評価に大きく作用しているとわかっています。

※メラビアンの法則より

メラビアンの法則に従った面接対策についてはこらでまとめていますので、ご覧ください(^^)/

(就活面接)自己紹介の内容で悩むな!メラビアンの法則から本当に意識すべきことを解説

 

でも具体的に一緒に働きたいってどんな人なのか、あんまりピンとこないですよね。

私が就活生の時に思っていたのは、優秀でやる気があって、人当たりが良くて・・・

とにかくよく思われればいいんだとばかり思っていました(笑)

しかし、会社に入ってみると色々なタイプの人がいるんだなって知って。

就活生時の自分はとにかく成果を出したい、出せるように頑張りますと言わないといけないと思っていましたし

逆にそうでないタイプの人は就活では弱いんじゃないかと思っていました。

実際に人事に「”一緒に働きたい人”ってどんな人なんですか?」と聞いたところ、2つのタイプがあることが分かりました。

しかもそれはどの会社でも当てはまることだそうです。

という訳で今回は”一緒に働きたいと思う人のタイプとは一体何か”、”その人柄はどこから判断されているのか”

について解説していきます(^o^)

 

そこから、自分の長所はどっちのタイプなのかを知ってもらい、

その人柄を十分に発揮できるための対策もご紹介します☆

それでは早速、”一緒に働きたい人”のタイプを解説していきます!

企業が言う”一緒に働きたい人”とは!?

「一緒に働きたい」の画像検索結果

面接官は2つの切り口で”一緒に働きたいかどうか”を見ています。

①頼もしいタイプ

②親しみやすいタイプ

 

①頼もしいタイプは、周りを引っ張って成果を出してくれそうな人(即戦力の期待がある)

②親しみやすいタイプは、会社に馴染んで、チームを明るくできる人

企業はどちらの人材も必要としています。

①、②どちらかのタイプだけでは会社組織としては偏りが出てしまい、

互いに足りない部分を補完しあうことができないのです。

 

また、①のタイプは営業職もしくは総合職だと決まっているわけではありません。

②のタイプでも親しみやすさを武器に成果を出している営業の方も多くいます。

(会社に入って、社内や社外の方を見ていると営業職でも色んなタイプがいるんだと実感しました。)

 

事務職の方でも①のタイプは向かないという訳ではありません。

縁の下の力持ちとして、現場の方と同じ目標をもって一緒に仕事をしていけるという訳ですから

①は適正ではないということでもないんです。

大事なのは、自分はどちらのタイプなのかを知り自分の長所を伸ばすことです!!

では、長所を①、②に分類分けしていきましょう(^^)/

自分の長所がどう思われるのか把握する

black mug on table

自分の長所を聞いて相手がどんな印象を持つかを把握することは大切です。

なぜなら、企業がその就活生にはどんな”ポテンシャルがあるか”を想像して面接をしているのです。

そのため長所を評価してもらうには、相手が自分にどんな印象をもつのか?を認識することが大事です。

 

また、2次面接以降は1次面接とは違い”優秀な就活生”を拾いあげる面接方法になります。

つまり自分の特徴を面接官に印象付けられないと通過は難しいのです。。。

そのあたりで大事となることについては、こちらで解説しています。

是非!【就活/2次3次面接対策】面接官から聞いた本気の対策方法(例文あり)

 

話を戻しまして、(一緒に働きたい人の)2つのタイプはどんな長所が具体的に当てはまるのか

また、皆さんの長所はどちらに当てはまるか、見ていきましょう(^_-)-☆

①頼もしいタイプに当てはまる長所

向上心がある、責任感が強い、負けず嫌い、行動力がある、リーダーシップがある

努力を惜しまない、計画性がある、好奇心が強い、チャレンジ精神がある

諦めないでやり切る力

頼もしい(=成果を出してくれそう)だと印象付けられる長所です。

 

長所を話す際は、実際に成果をだしたエピソードを話しましょう。

成果を相手に分かりやすく伝えるには、具体的な数字で示すと想像しやすいです。

②親しみやすいタイプに当てはまる長所

協調性がある、コミュニケーション能力がある、好奇心が強い、素直、周りとの調整能力がある

気遣い・心遣いができる、主体的である

親しみやすい(=会社に馴染んで、チームを明るくできる人)と印象付けられる長所です。

 

また、「コミュニケーション能力」「主体性」「協調性」は多くの企業が求めている能力です。

しかし親しみやすいというのは、誰とでも仲良くなるという意味とは少し違います。

目標に向かって、チームのみんなと関係を構築できる能力のことです。

このことについては、こちらの記事で詳しく解説していますので是非。

【就活】自己PR活用術!!グリーンブックから学ぶ、協調性とは!?

 

皆さんの長所はどちらに当てはまりましたか?

みなさんの長所は必ずどちらかに分類できます。

続いては、長所を伸ばすために面接で意識したいポイントについて紹介していきますね(^o^)

頼もしいタイプの方が面接意識すべきこと

smiling man standing between brown concrete buildings at daytime

頼もしいタイプだと面接官が判断するのは下記のポイントです。

①声の張り

②結論を初めに話せているか

③分かりやすい話し方が出来ているか

順に解説していきますね。

①声の張り

未来の話は演説の様に熱く、過去の話は理論生前と冷静に話す!

ポイント:話によって話し方を使い分けるのが効果的です。

 

未来の話(志望理由やキャリアプランなど)を話す時は声を張り、熱を込めて話すと

面接官があなたに対して抱く期待値を上げる効果があります。

面接は未来のことを重要視して面接官は質問をしてくるので

声を張って話す場面が多くなると思います。

 

※注意ポイント

過去の話(学生時代頑張ったことなど)を話す時に演説の様に熱を込めて話すのは効果的ではないです。

つい過去の話は自信満々に話しがちですが、面接官はその経験から”今後どうしていきたいのか”という部分を聞きたいのです。

だから過去の話は事実を説明するくらいの意識で話しましょう。

②結論を初めに話せているか

結論先行型で話せる方は面接官からすると、「自頭がいい」印象を持ちます。

逆に背景の説明を初めに長々としてしまうと、面接官からすると

「背景の説明はいいから、早く結論を話してくれ」と思ってしまうわけです。

そりゃそうですよね、だって1日に数千人の話を聞いているわけですから

ストレスに感じてしまいますよね。。。

 

しかし、込み入った話をするには結論を一言で伝えられない場合もあるかと思います。

そんな時のコツは「目次」を先に伝えることです。

「私が○○と思う理由は2つあります。1つは~、もう1つは~です。」

目次を先に話すことで、話を最後まで聞くストレスがなくなります。

また、目次は2つくらいにしておきましょう。

あまり情報量が多いと伝わりにくくなってしまうからです。

 

この説明の仕方は私が営業職になってから上司に教わった事です。

相手に分かりやすく伝える、配慮をして聞いてもらいやすい話の構成にするというのは

入社してから特訓することですので、それが今のうちから出来ていると頼もしいなと感じるわけです。

③聞きやすい話し方ができているか

文を一続きにして話してしまう癖がある方は意外と多いです。

例えば「私は○○を志望しているのですが、その理由としては、○○という仕事は●●にとって~であり・・・・」

「読点」で一続きで話してしまうのは、面接官からすると

聞き苦しく、自頭の良さを感じません。また内容も頭に入ってきずらいです。

なので、「句点」を意識して話しましょう。

ポイント:話の冒頭部分から句読点で切ることです。

「私は○○を志望しています。理由は~」という感じ。

できるだけたくさん句点を入れるように意識しましょう。

読点はだらだらとして印象をもってしまいがちです。しかし句点は自信のある印象を抱くことができます。

是非、友達と話すときも句点を入れる練習をしてみてください!

 

続いては親しみやすいタイプの方が面接で意識すべきことを紹介します(^^)/

親しみやすいタイプの方が面接で意識すべきこと

smiling girl wearing blue denim jacket outdoor

親しみやすいタイプだと面接官が判断するのは下記のポイントです。

①笑顔、表情が豊かである

②声のトーン・元気がいい

③面接官に興味をもって質問する(関係構築ができる)

これについても順に説明していきます!

①笑顔・表情が豊かである

言わずもがな笑顔や表情が豊かな方に対して、親しみやすさを覚えるものです。

ずっと愛想笑いしてればいいのかということでもありません。

楽しい話をしている時は楽しい表情、辛かったこと悲しかったことを話す時は悲しい表情と、素直に表情にするということです。

表情が直ぐに出てしまうことは一見悪いことのように思えるかもしれません。

しかし面接の場合、聞かれたことに表情を付けて話しているので淡々と暗記をしては話すよりよっぽど

あなたの人柄を伝えることができます。

 

それに、自己開示ができるという風にとらえる面接官もいます。

自己開示ができる人がチームにいることで、チームメイトとの関係性が作りやすくなるという効果もあるんです。

表情豊かということはそれだけ、長所になるんです!

②声のトーン・元気がいい

普段話しているトーンより2トーンあげるイメージで臨みましょう!

ポイント:初めの挨拶から元気よく挨拶をしていきましょう!

話す時には顔を前にしっかり向け、面接官の背後へ声を届けるイメージで話してみましょう(*^^*)

 

緊張すると声が低くなってしまう方もいるかと思います。

しかし、エピソードでは親しみやすさが感じられても、実際に話しているあなたの人柄から親しみやすさが感じられないと信憑性が足りないと判断されてしまいます。

③面接官に興味をもって質問する(関係構築)

逆質問や面接の終了後に話す機会があった際、面接官に「どうして御社を選ばれたですか?」とか

「今はどんな業務をやられてるんですか?」と興味をもって質問してみましょう。

自分のことに興味をもって質問してくれるのはうれしいものです。

 

営業をしていても、お客さんのことを知ろうと質問すると

すごくよく教えてくれたり、その後私のことを覚えてくれたり仲良くなれたりします。

初めて会う方と関係性を築けるというのは、すごい大切な力だと入社して実感しました。

結果を出している上司や先輩方はお客さんだけでなく、社内の方とも関係性を作る(コミュニケーションを取る)のがすごく上手です。

 

※注意ポイント

友達ではないと肝に銘じておきましょう(笑)

質問するときに語尾を気を付けると場をわきまえた話し方ができます。

「~でしょうか。」「~ますでしょうか。」

(就活生時代)私の失敗エピソード・・・(笑)

6月くらいに差し掛かって周りの友達は内定をもらっていく中で、私は内定が全然もらえなかったんです。。

それでどんどん自信を無くしていて。

でも面接では「私は粘り強さがあります。」とか「思考錯誤して最後まで諦めない強さがあります。」とか

頼もしい自分の話をしているのに、話す当の本人から全然覇気が感じられない話し方をしてしまっていたんです(笑)

案の上、面接はどんどん落ちていきました。。。

 

当時の私は自分ではもう訳が分からなくなっていたので、ボイスレコーダーで録音して友達に聞いてもったんです。

そしたら友達から「暗っ!!!話の内容と全然合ってないよ」と(笑)

私「たしかに・・・」

それから話し方を意識して改善したらすんなり内定をもらうことができたんです。

面接では言行一致を意識する

people meeting in room

面接では話の内容と自分の見た目、話し方を一致させることです!!

面接では話の内容やエントリーシートの内容ではなく、

今話をしている”あなた”がどんな人柄なのかを見た目や話し方から面接官は判断しているのです。

どんなに素晴らしいことを言ってもそれを話すあなたから”その人柄”を感じられないと

通過は難しいのです。

まとめ

面接官は2つの切り口で”一緒に働きたいかどうか”を見ている

①頼もしいタイプ

周りを引っ張って成果を出してくれそうな人(即戦力の期待がある)

②親しみやすいタイプ

☞会社に馴染んで、チームを明るくできる人

企業はどちらの人材も必要としており、自分の長所は必ずどちらかに当てはまります。

☞長所を伸ばした面接対策をしていく必要がある。

 

頼もしいタイプだと面接官が判断するポイント

①声の張り

②結論を初めに話せているか

③分かりやすい話し方が出来ているか

 

親しみやすいタイプだと面接官が判断するポイント

①笑顔、表情が豊かである

②声のトーン・元気がいい

③面接官に興味をもって質問する(関係構築ができる)

 

あなたの人柄を分かってもらうには、話の内容と実際のあなたの見た目、話し方を一致させることが必要なんです(`・ω・´)!!

ライン@登録者限定で業界研究シートと逆質問リスト無料プレゼント!

※現在、無料相談の受付を停止しています。

再開次第、当サイトでお知らせいたします。

ご了承くださいませ。

友だち追加

スポンサーリンク
面接
藤本華菜をフォローする
about この記事の執筆者
藤本華菜

国家資格キャリアコンサルタント

就活生が自分らしい企業との融合点を見つけられるように
メディア、イベント、個別相談を通じて支援をしています(*'ω'*)

MARCHの某大学商学部を卒業。
内定0持ち駒0の元崖っぷち就活生。

自身の就活での苦労や失敗を振り返って
就活生に気づきが生まれるような情報を発信しています。

藤本華菜をフォローする
ココカラ就活

コメント

タイトルとURLをコピーしました